ネガティブ思考や生きづらさを解消する為に、自己肯定感を高めようと言われます。

 

自己肯定感が高いと、自信に満ち溢れ、自由に伸び伸びと生きているような印象がありますね。

 

反対に自己肯定感が低いと、いつも自分はダメだと自分を責めたり、常に他人に振り回されて、自分の人生を他人に明け渡しているような….そんなつまらない人生を生きている印象があります。

 

はたして自己肯定感とは、自分が好きで自信をもって自分を肯定的に見ている感覚etc.といったものなのでしょうか?

 

自己肯定感を高めるためには、まずは「自信」をつけることが大切なのでしょうか?

 

自分を好きになるように頑張らなければならないのでしょうか?

 

しかし実際は私たちが思っていることと違うようです。

 

そこで今回は、自己肯定感について、さらに自己肯定感を高めるために必要な「ほんとうの自信」について、お話ししたいと思います。

自己肯定感とは??

 

そもそも「自己肯定感」とは、なんでしょうか?

 

自分をどのくらい肯定的(または否定的)に思っているか?という、自分の能力や可能性、または存在そのものに対する判断や評価のことです。

 

そして更に「肯定的な側面も否定的な側面も含めて、ありのままの今の自分を受け入れる」という意味があります。

 

そのままの今の自分を受け入れることが自己肯定感の高さにつながるのね!!

 

これは、「ダメな自分でもいいんだ」という投げ出した開き直りとは違って、例えダメなところ嫌なところがあったとしても、そのことをまずは「認める」ということです。

 

「認める」というのは、だだ今はそうなんだということを認識することです。

 

例えば、「『自分はなんてダメなんだろう~』と、今私は思っているんだな~」と今現在そう思っている事実を認識するということです。

 

自己肯定感というと、とにかく自分を高く評価する、強みやプラスの面を見ることのように思われがちですが、良い部分もダメな部分も含めてそのままの自分を認める、受け入れることが出来ているかということも含まれているのです。

 

 

つまり、自己肯定感の高い人とは、「自分のすべてを認めて、今の自分はこれで良いと思えている人」ということになりませんか?

 

なにも、自分のことをすごいと思えていたり、自分に自信があったり、自分を好きと思えている人….というわけではありません。

 

ですから、優れた才能を持つ必要も、素晴らしい人格者になる必要もないのです。

 

「どれだけ今の自分のすべてを受け入れて、今はこれでいいんだ!と心から思えるか?」が本来の自己肯定感だからです。

2種類の自信について

 

あなたは「自信」がある方ですか?

 

ところで「自信」っていったい何でしょうか?

 

「自信」を持ては、今の悩みはなくなるのしょうか?

 

 

実は「自信」には、大きく分けて2つの種類があります。

 

「doinngの自信」「beingの自信」です。

 

「doingの自信」とは,何が出来るか出来ないか、つまり学歴、職業、肩書、仕事の業績、そして他人の評価など、外面的な要因に基づく自信です。

 

他人の称賛、例えば名声目的でお金を稼ぐことや、「かわいい」「かっこいい」という評価を求めて外見を磨くこと、頑張って営業成績1番になったことによって得た自信ともいえます。

 

 

確かに、学校の成績が良かったり、他人から褒められれば、嬉しいですし「自信」になりますよね。

 

 

私たちのイメージする「自信」とは、一般的にこのdoingに影響を受ける「自信」ではないでしょうか?

 

 

でもこの自信は、残念ながらちょっとしたことで、もろくも崩れ去ります。

 

なぜなら、他人や世間の「評価」や自分が達成した「成果」を土台にしているので、それらが下がったら、たちまち「自信」もなくなるのは予想が付きますよね。

 

 

そしてこの「自信」を持ち続けるためには、常に頑張って努力して、背伸びをしたり走り続けなければいけません。

 

現代人のほとんどがこの状態ですよね。

 

この「doingの自信」にしがみついている人は、何をやっても満たされなかったり、他人からどう思われているかばかり気になったり、リラックスできなかったり、何かを一生懸命にやっていないと不安にさいなまれたり…..

 

これでは内面は常に不安定で幸せとは言えません。

 

では、私たちが必要な「自信」とはどのようなものでしょうか?

 

それは、「beingの自信」です。

 

「beingの自信」は、何が出来る出来ない、何かに優れている、何をやってきたかの「成果」や他人や世間の「評価」は全く関係ありません。

 

何が出来るという能力、何をしてきたという実績や成果、世間や他人の評価に関係がない自信があるのですね!!

 

自分の「在り方」について、「これが私だ!」「これでいいんだ!」というゆるぎない安心感に基づく自信といえばいいのでしょうか?

 

「周りに左右されない」「自分で自分を丸ごと受け入れてそれでよし!」とした心の底からそこはかとなく湧いてくる自信ともいえるでしょう。

 

この「beingの自信」こそが自己肯定感を高めるために必要な自信です。

「ほんとうの自信」を育てるためには

 

自己肯定感を高めるために必要のは、一般的に言われている「自信」ではなく「beingの自信」です。これを「ほんとうの自信」と呼んでいます。

 

ですから、自己肯定感を上げるために、あえて自分の強みを見つけたり、自分自身や他人に認めてもらおうと頑張る必要もないのです。

 

ではどうやって「ほんとうの自信」を育てるのでしょうか?

 

自分の世話をすること

 

「ほんとうの自信」を育てるためには、他人の世話ばかりするのではなく、自分の世話をする、つまり自分を慈しむことから育ちます。

 

それがなかなか出来ないのですよね~

 

小さい時から、「周りに迷惑をかけてはいけません。」「人には優しくしなさい。」そして「女性なんだから気が利いて当然だ。」などと言われてばかりで、「まず自分自身が第一です!」「自分を大切にしなさい!」なんて、誰にも言われなかったからです。

 

これって日本人あるあるです。

 

みんな違って当たり前!!皆それぞれユニークでかけがえのない存在であるはずなんです。

 

それに、学校や仕事の成果、他人や世間の評価ほど当てにないものはありませんよね。

 

そして、自信のない人ほど、自分の思いより、相手の思いを優先しがちです。

 

根底に、「価値のない自分は、人の為に尽くして、ようやく価値が認められる」と思い込んでしまっているのかもしれません。

 

まずは「自分の気持ちをまず把握すること!この習慣づけをコツコツやること」が、基本のようです。

 

もし、自分に自分が嫌だったり、生きづらさを感じているのなら、次のように質問してくださいね。

 

「私は、私の思いをちゃんと無視しないで聞いてあげているのかな?」

 

「我慢ばかりしないで、自分の気持ちを受け入れてあげているかな?」

 

「そんなこと思っちゃダメだ!!って自分を否定していないかな?」

 

私は、この「自分の感情を大切にする」という小さなことの積み重ねが、「beingの自信」を育てていくと思っています。

 

私は何でこう思っちゃうんだろう??
こう思ってはダメだ!!って
自分を否定しないことから始めます!

 

大切にできないなら、まずは絶対に否定しないことですよ。

 

その為には、今ご自分が感じている感情に意識を向けるように心がけてくださいね。

 

自分との約束を守る

 

あなたはどんな人だと信頼できますか?

 

信頼できると感じる一つに「約束をきちんと守る!」があるのではないでしょうか?

 

相手を大切に思うほど、信頼を失わないように約束は守ろうと思いますよね?

 

ところが自分との約束はどうでしょうか?

 

例えば「明日は朝早く起きて午前中に部屋の掃除をしよう!!」と決めても、翌日の朝9時になってもベッドの中。。。。。なんてことありませんか?

 

他人との約束はしっかり守るのに、自分との約束はすっぽかしてしまう。

 

これでは、自分を信頼できますか?

 

実は、自分で決めたことを必ず実行するということの積み重ねが、自分との信頼関係が高まり、それと比例して自己肯定感も高まるのです。

 

ほんの些細なことでもいいんです。今日はカレーライスを作ろう!!と決めてカレーライスを作る!

 

今日は寒いからランニングはしないと決めて、ランニングをしない!

 

私はたくさん自分との約束を破ってきたな~
これでは自分を信頼できませんね。

 

自分を受け入れることと自分との信頼関係には、密接な関係性があります。

 

日常生活でほんの小さなことから、「どうしたいのか?」自分の気持ちをちゃんと把握したうえで、「どうするのか?」ご自分で決めたことを裏切らないで実践する….これを是非取り入れてみてくださいね。

まとめ

 

いかかでしたか?

 

自己肯定感を高めるために、必要な「ほんとうの自信」について書かせていただきました。

 

結局は、世間の物差しである、才能や能力、さらに成果や実績に関係なく、自分自身が自分を肯定できればそれで自己肯定感は高くなります。

 

そして、この世間の物差しで測ることによって自分を認め、自分を良しとし、自己肯定感が高い人の落とし穴もお分かりいただけたかと思います。

 

自己肯定感が高いとは、どれだけありのままの自分を受け入れられているか?に関係しています。

 

その為には、日々自分の気持ちを意識することや自分を否定しないこと、そして自分との約束を守ることによって自分との信頼関係を構築していくことが、自分を受け入れるための近道になります。

 

自己肯定感を高めようと、なにも背伸びをして頑張らなくてもいいんですよ。

 

まずは、ほんの小さなこと1つだけ、あなたの日常生活に取り入れてみてくださいね。

 

Pocket