生きづらさを抱えていたり、自分が嫌いだったり、自信がなかったり、そして他人に振り回されていたり…そんな事で悩んでいると『自己肯定感を高めましょう』と言われます。

「自己肯定感?自分のことを良いと思える感覚?自分のことを素晴らしいと思える感覚??まだまだそんなふうに思えない!頑張って今の自分を変えていかなけでばダメだ!!」

 

そんなふうに思っていませんか?

確かに自己肯定感は、実に様々な行動や考え方に影響を与えているようです。ここでは自己肯定感について考えていきたいと思います。

そもそも自己肯定感って何??

「自己肯定感」を持つようにと言われても、他人に誇れるような才能や能力なんてない!

このように、「自己肯定感が高い人=自信があるように見える人/自分のことが好きな人」、つまり優れた自分を誇りに思えることと思っているは多いかもしれません。

「自己肯定感」の感覚は、何が出来るか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態が土台となります。(一般社団法人セルフエスティーム普及協会)

 

このように、どんな自分であっても、今の「ありのままの自分」をこれで良いと思える感覚です。

ですから、優れた才能を持つ必要も、素晴らしい人格者になる必要もないのです。

今の自分に対する見方を少し変えるだけで、どんな人でも自己肯定感を高めることが出来るのです。

自分に対する見方、捉え方、視点の問題だからです。

自己肯定感が高まると、まずは自分を責めなくなります。今までは些細なことで「自分が悪いからだ」と反射的に思っていたのに、「まあこんなこともあるさ」と流すことが出来るようになります。

自分を大切にすることが出来て、他人に振り回されなくなります。

他人や世間の評価で揺らされることなく、自分軸で自分の価値を感じることが出来るので、生きるのが楽になります。不必要な不安や恐れがなくなります。

やはり、生きていくうえで自己肯定感の高さは大切なようです。自己肯定感が高まると、様々な「生きづらさ」から解放されるからです。

自己肯定感の低い人の特徴とは??

「自己肯定感」=「ありのままの自分を大切に思えること」と捉えると、自己肯定感が低い人とは、(何らかの理由で)自分を大切に出来ない人ということになります。

「こんな自分はダメだ」と常に自己否定的に自分を見ていることになります。

そうなると色々な生きづらさが表れますが、その中で4つの特徴をご紹介します。

頑張りすぎる

自分を否定的にみているので、常に頑張らないと自分に価値を見出せない、自分にOKを出せません。このままの自分はダメなのですから、自分を認めたいがために色々なことに手を出します。

例えば沢山の「資格」を取ることに頑張るのも一つの例です。

また、「自分はどうしたいのか?」が分からないので、「他人はどうして欲しいのか?」を意識して行動します。

ですから、自分が辛くても他人の期待に応えようと頑張る、そして認めてもらうということで自分にOKを出して安心するという心のからくりがあります。

他人からの評価を気にしすぎる

自己肯定感が低いと無意識に「いつも他人を優先してしまう」傾向にあります。

自分は他人よりも価値が低いと思っているので、いつも相手に合わせてしまいます。

その心の根底には、自分が自分自身を認められないので、他人に認めてほしいというし承認欲求があります。

他人から何かを与えてもらうこと、依存することで自分の心を満たそうとするので、他人が自分の期待通りに対応してくれないとストレスを感じやすいのもこの特徴です。

このような他人に自分の人生の舵取りを委ねてしまっている状態なので、他人の評価が自分の存在価値に関わる死活問題となるわけです。

他人と比較して優越感を得る

そのままの自分自身を認められないので、常に他人と比較して「あの人よりは上だ」「あの人よりはよいかも」と自分がちょっとでもいいと感じると安心感を持ちます。

この特徴の人は、人に対して批判する癖があり、悪口が多い傾向にあります。またさりげなく自慢話もよく出てきて、他人に認めてもらって自分の価値を感じるタイプです。

自分が価値があると思いたいがゆえに、人と比較して自分が劣っていないことを確認するのです。

また他人にいろいろアドバイスをしたがる人です。

この方は、一見自己肯定感が高く自信がありそうに見えますが、実はすべて自分を認めていないが故の言動なのです。

自分にも他人にも厳しい

そのままの自分を認められないからこそ、自分の認める為に頑張って自ら条件を課す特徴があり、それは他人にも向けられています。

例えば無意識に「〇〇が出来たらOK!]といった条件を自分に課してしまい、出来ない自分を責めます。

また「〇〇すべき」「△△でなければならない」という『べき思考』が強いために自分のルールを作って、それを他人にも課すのです。

さらに無意識に頑張って自分のルールを達成しようとしていますから、他人にも同じような頑張りを求める傾向があり、結果自分にも他人にも厳しく接するのです。

自己肯定感を高いということ

自己肯定感とは、自分を人より優れたものと誇りに思うことではありません。

例え人と比べて出来なくても、短所と言われるダメなところが沢山あっても、ありのままの自分の存在そのものを「良し」と思えることです。

ですから、人よりお金があるとか、学歴や高いとか、美人だとか、〇〇が出来るだとか、成績が良いとか、そんなことを根拠に決まるのものではないのです。

もしあなたにお子さんや可愛いペットがいらっしゃったら、出来る出来ない、あるないに関係なく存在そのものを愛しく感じませんか?

つまり、これ以上自分に出来るものをくっ付ける必要はないのです。

要はどう捉えるか?どのように見るか?だけの問題なんです。

身近に自己肯定感が高そうな人を思い浮かべてください。

その方は何かに秀でていますか?素晴らしく人格者ですか?

よく考えたら、どこにでもいつ普通の人だったりしませんか?

そうなんです。その人は自分のそのままを認めている、それで良い!と思っている。それだけなんです。

自己肯定感が低くて悩まれている方は、ただ自分に対する見方が、または価値基準がちょっと違っていただけなのです。

ですから、自己肯定感を高めようと、自分の好きなところを捜しても、他人から褒められたところを探しても、そもそも自己肯定感は高まらないのです。

なぜなら、自己肯定感とは自分を無条件に受け入れることです。

まあ自分は大丈夫だろう~
まあ今はこんなもんでいいかも~

とやんわりと感じられることです。

〇〇が出来たから、あるいは他人に認められたから「自分は良い!」「自分は価値がある!」ではないのです。

そう思うと今のままで、自己肯定感を高めることが出来そうに感じませんか??

まとめ

いかがでしたか?今まで感じていた、生きづらさ、自信のなさ、満たされない気持ち、自分を責める癖‥などすべて自己肯定感の低さが原因だったのかもしれません。

でも、自己肯定感は今すぐにでも高めることが出来ます。

なぜなら、自分に対する見方、捉え方の問題だからです。

能力も才能も実は関係ないのです。

もし、自分が何か優れているから、自分が他人より成績がいいから等に基づく自己肯定感だとしたら、それは高くなったり低くなったりかなり不安定です。

そして、それはほんとうの自己肯定感ではありません。

確かに自己肯定感とはいつも一定というわけではありませんが、ほんとうの自己肯定感の意味を理解し、自分の物にしたらそう簡単に低くなることはないでしょう。

自己肯定感が低いことを感じられているのであれば、ご自分に対する見方をちょっと捉えなおしてみてください。

最初は大変かもしれませんが、今のあなたのままで自己肯定感を高めることは出来ることだけは、心に留めてくださいね。

Pocket